株式会社住金システム建築
yess建築

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器の設置が法律によって義務づけられました。

住宅火災による犠牲者を減らすために、消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務づけられました。(平成16年6月2日公布・法律第65号、平成16年10月27日公布・政令第324号・第325号、平成16年11月26日公布・総務省令第138号)

【新築住宅】 平成18年6月1日(施行)
【既存住宅】 各市町村条例により、原則として平成20年5月31日
遅くとも平成23年5月31日までを期限として、設置の完了期日が定められます。

岐阜県関市の場合、設置基準は下記になります。
必ず設置する場所 条件によって設置する場所
設置が必要な場所
(間取りによって設置する
箇所が異なる)
寝室
階段
廊下
既存住宅への適用日
(義務設置開始年月日)
 平成23年6月1日
設置届け出  不 要
条 例  中濃消防組合火災予防条例


警報機の種類
住宅用火災警報器には「煙」を感知するものと「熱」を感知するものがあります。設置する部屋によって火災警報器を使い分けてください。
 
【煙 式】 火災の多くは、まずはじめに煙が立ち昇るため、早期発見に適した方式です。
煙の粒子により、内部の光が散乱。受光素子がその光を検知し、信号を送り警報機が鳴動します。
【熱 式】 調理による煙や水蒸気などを、火災として感知するおそれが少ない方式です。
内部の温度が約65度相当まで達すると、警報機が鳴動します。
 
住宅の部分 寝室 階段 廊下 居室 台所
警報機の種類 煙感知器 煙感知器 煙感知器 煙感知器 煙または熱感知器
 は必ず設置する場所 は条件によって設置する場所 は市町村によって設置する場所

台所などへの警報器の設置も推奨されています。
(総務省消防庁通知:平成16年12月15日・消防安第227号より)

住宅における火災の予防を推進するため、寝室のほか、台所その他の火災発生のおそれが大であると認められる住宅の部分における住宅用防災警報器等の設置に努めるものとする。
注)一部の市町村では、台所への設置が義務づけられましたので、所轄消防署にご確認ください。


どこの部屋に設置したらいい?
@寝室
普段の就寝に使われる部屋に設置します。
子供部屋や老人の居室なども、就寝に使われている場合は対象となります。

寝室が1階に1部屋ある場合、その寝室に必要です。

A階段
寝室がある階(屋外に避難できる出口がある階を除く)の階段最上部に設置します。

寝室が1階と2階に1部屋ずつある場合、その寝室と階段(2階)の3箇所に必要です。
 
B3階建て以上の場合
上記@Aの他に
@寝室がある階から、2つ下の階の階段(屋外に設置された階段を除く)に設置します。(当該階段の上階の階に住宅用火災警報器が設置されている場合を除く)
A寝室が避難階(1F)のみにある場合は、居室がある最上階の階段に設置します。


寝室が1階と3階にある場合、その寝室とその寝室がある階の階段(1階と3階)の4ヶ所に必要。


寝室が2階と3階にある場合、その寝室とその寝室がある階の階段(2階と3階)の4ヶ所に必要。


寝室が1階、2階、3階にある場合、その各寝室と寝室がある階の階段(2階と3階)の5ヶ所に必要。
この場合1階は除く。

Cその他
@ABで警報器を設置する必要がなかった階で、就寝に使用しない居室(床面積が7u以上)が5以上ある階の廊下に設置します。
▲このページの先頭へ戻る
Copyright (C) SEIKYO kensetsu co.,ltd. All Rights Reserved.